がん保険の保障内容でおさえておきたい3つの特徴とは?

がん保険の比較をする際に知っておくべきなのは保障内容です。
がん保険には主に3つの保障内容があります。
1つは診断給付金です。
2つ目は入院給付金です。
3つ目は通院給付金です。
それぞれどのような特徴があるのでしょうか。
今日はその点について記したいと思います。

まず診断給付金とは何でしょうか。
それはがんと診断された際に受け取ることができる保険金のことです。
この診断給付金はがん治療を受ける上で必要なものです。
実際にがんの治療のためには最初からお金がかかるものです。
例えば、自営業の方であれば休業補償に充てることができます。
また、診断給付金の特徴は多くのがん保険では、がんと診断されてから2年後に再びがんと診断された場合でも給付金を受け取ることができるというものです。
つまり、受け取れるのは1度きりではないのです。

2つ目の特徴は入院給付金です。
がんの保険では入院給付金には特徴があります。
それは日数制限がないということです。
一般的な医療保険では保障される日数に制限がありますが、がんの保険はそうではありません。

3つ目の特徴は通院保険についてです。
最近ではがん治療は、入院から通院へと変化しています。
基本的ながんの保険では通院保険は月に1回まで、給付回数は無制限となっています。愛媛県行ってみない?